忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


儲けたい気持ちは分かります。たくさんGoogleアドセンスや楽天モーションウィジェットを設置すれば売り上げが上がると思われるかもしれません。ですが、多けりゃ多いほどいいというわけではありません。ベタベタとアフィリエイトリンクを記事に貼り付け、サイドバーにはGoogleアドセンスや楽天モーションウィジェットを3つ4つ設置しても、訪問者からは避けられるパターンです^^;。自分が訪問したサイトがもろアフィリエイトサイトだったらあまり好ましくないのではないでしょうか。ですが、セレクトショップみたいに、センスのいい人が選んだ服や靴、小物を紹介しているアフィリエイト満載のブログは、逆に人気です。うちもいくつか見たことがありますが、安くてカワイイ服や靴、小物のアフィリエイトリンクがたくさんあって、あぁ、これは買いたくなるかも♪と思いました^^;。今流行っている服を、うまく選定し、かつ送料込みでも実店舗よりも安い価格が提示されているの人気なのです。

キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能

退行催眠のサービスサイト
退行 催眠

キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
画像リンクを増やす
PR

ゼロ


メインブログがペナルティを受けている疑惑は、どうやら確信に変わってきそうです・・・(涙)。なぜかというと、一か月近くアクセスガゼロだからです。これはもう決定打です。クローラーだけは巡回してくれているようで、キャッシュはされているのですが、どうも検索エンジンの検索結果には表示されていないようです。カテゴリも分かりやすいように分けて、背景やヘッダも一所懸命試行錯誤して今のメインブログ作ったのになぁ・・・(涙)。原因が分からない空どうしようも出来ない。順位が落ちるような攻撃を受けているのかしら・・・?でもうちのメインブログのタイトルにはライバルは少ないし、攻撃を受けている気配もないのですがねぇ・・・。原因を解明したいのですが、原因不明・・・。最近ではメインブログ諦め気味になってきましたのでやけっぱち状態です^^;。新しく作ったWordPressのサテライトサイトの方がかわいく思えてきて育てていこうと思い始めています^^。

池袋のカウンセリングサービスサイト
池袋 カウンセリング

短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
リンク鮮度スコアとリンクエイジスコア。エイジが上位安定,一位維持で重要。オールド被リンクを増やす
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず


土曜日に久々に本屋さんに行きました。SEO関連の新しい本屋、WordPressでのアクセスを稼ぐような内容の本がたくさんありました。いや、以前からあったのでしょうが、うちが興味がなかったばかりに目に入っていなかったのです^^;。WordPress関連の本をちらりと見てみました。SNSのプラグインを取り込むといいという内容のページをちょうど開きました。Facebookのイイネです。あの機能はSEOを施そうと思っているサイトに投入すると効果を発揮してくれるそうです。そして・・・早速うちもFacebookのイイネのプラグインのコードをサテライトサイトに埋め込みました!。ワクワク♪。・・・?ありゃ?どこにも表示されていない・・・。どこに行ったんだプラグインは・・・^^;。探しても見当たらないので、今度はWordPress内の設定からプラグインを探して取り入れてみよう・・・。埋め込むところ間違えちゃったかな・・・?。

グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る